錆びにくい弦

ギター弦、ベース弦はライブ前に交換したりすることが多いですが、練習の時もなるべく状態の良い弦を使いたいもの。

ただ、頻繁に交換というわけにはいかない事情もあります。財政的にも。

私は基本的に1つでも切れたら全交換というスパン。本当は練習毎に交換が理想だけど、なんか勿体無い気がしますし、頻繁な弦交換はそもそも面倒くさいというのもあります。

そこで私のようなモノグサなプレイヤーに是非オススメしたいのがエリクサーの弦。ギター弦、アコースティックギター弦、ベース弦があります。

エリクサーの何がいいのかというと弦の寿命が長いという一言に尽きます。通常の弦だと練習やライブ後に弦の手入れをしても2日は持ちません。だけどエリクサーなら1〜2ヶ月錆びずに持ちます。

仕組みは弦に特殊なコーティングをしているから錆びないんですね。

私の場合、エレキギターだとアーニーボールのスーパーライトゲージを使っているので、エリクサーでもスーパーライトゲージにすれば弦の太さは同じです。

スーパーライトゲージは1弦から009、011、016、024、032、042のセットですね。

低音弦のみちょっと太めのゲージにしたものもあるので低音が欲しい方、音楽ジャンルによっては選んでみると良いかもしれません。

私は手汗のため弦が1日経たずに錆びるので、エリクサーにしてから、弦の寿命が長くなり財政的にも助かるし、嫌な気分で練習することもなくなりましたね。

ただ、さすがにアーニーボールの弦を張った瞬間のシャリーンとした抜けの良い音にはちょっとだけ敵わない気がしますが、その後の弦の寿命のことを考えたらエリクサーに軍配が上がりますね。アーニーボールは練習の度に交換、ライブ前には当然交換という弦です。

感覚的ですが数値で表現すればアーニーボールは弦張りたての状態が100%とすると2日後には30%くらいになっています。エリクサーだと弦張りたてが80%ですが、それが2ヶ月後まで続くといったらわかりやすいですかね。

とにかくエリクサー弦は1ヶ月〜2ヶ月ほったらかしでも弦は錆びてないので気持ちよく練習出来るのが気に入ってます。

私はエレキギター弦をはじめ、ベース弦、アコースティックギター弦もエリクサーに交換しました。たまにしか弾かないギターを弾こうとした時にサッと弾けるのは思った以上に良いです。

エレキギター用スーパーライトゲージ
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Super Light #12002
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Super Light #12002
アコースティックギター弦
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Phosphor Bronze Light #16052
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Phosphor Bronze Light #16052

ベース弦
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Nickel Light/Medium #14077 エレキベース弦
ELIXIR ( エリクサー ) / NANOWEB Nickel Light/Medium #14077 エレキベース弦

どうもエリクサーというとファイルファンタジーの回復アイテムを思い出してしまう…。