ライブ合間のチューニングは大事だけど…

よもぎゅです。

ライブ話題が続きますが
いつもライブ見てて
気になる事があるんです。

ライブで曲の合間に
一生懸命チューニングする姿。

よく見る光景です。

たしかにチューニングは大事。
ズレてると楽曲が台無し。
何よりヴォーカルが歌いづらくなる。

だから、チューニングは
マメにした方がいいとは思います。

だけど、1曲終わる毎に
下向いてしまって
チューニングに必死になる姿は
客の立場で見ていると
こう思います。

「あんまりカッコよくない…」

クセでやる人もいるでしょう。

ヴォーカルのMC時に
手持ち無沙汰だったりするから。

ヴォーカルに話を振られたくないから
という理由もあるでしょう。

激しい曲なので
1曲毎にチューニングしないとヤバい!

なんていう場合でも
サラっと終えたいもの。

ヴォーカルに話を振られても
答えながらチューニングするとかね。

一番良くないのは
ヴォーカルを無視する事ですね。

これ、メンバーにも
お客さんにもよろしくないかなと。

チューニングは合わせるべき。
しかもこまめに。

だけど、

「サラっとね!」

が大事。

これも練習で出来ます。

耳でやる訳でなく
チューナー使うだけですから。

暗いステージでも視認性が高い
チューナーがオススメです。

↓のようなチューナーなら
下を向かずにできるので
いいかもしれません。

世界最小のチューナー